2014年08月16日

奥多摩に治助芋の調査に・・・・・・

7月14日(月)


朝起きると・・・・晴天。

よし! 決行!

奥多摩に治助芋の調査に出発exclamation

何年か前、峰谷のOさんが継承していた(なんと一人)じゃがいもを調べたところ、

何と、DNA検査で、原種に極めて近い事がわかり、

今、奥多摩町役場が旗振りして奥多摩の観光資源にすべく増産に励んでいるとの事。

で・・・・、さっそくOさん宅を探し当てて訪問したところが、留守。

治助芋2014.7.14_1_k.jpg

峰谷バス停2014.7.14_k.jpg

こんな場所で、AM10:30〜ひたすら待つ事・・・・・。

PM4:00 帰宅。(長かったぁ〜!)

さっそく、Oさんより、治助芋の事、また現在の生産状況を教えていただいた後、

いろんな方が生産している現場を見に・・・・・。

治助芋2014.7.14_3_k.jpg

こんな天空の郷のようなところで作っていました。

最初、自分で治助芋を探しましたが、じゃがいもらしい位青い葉・茎を想像していた為、

発見できず・・・・バッド(下向き矢印)

理由は、茎まで枯らした後、収穫するそうで、私の想像とは全く異なっていた事でした。

治助芋2014.7.14_2_k.jpg

ちなみに、この状況でも、収穫はまだで、収穫は7月末との事でした。


以下、本日の成果は・・・・・

PS:

Oさんを待っている間、近所の方が収穫した治助芋を干していました。

治助芋2014.7.14_4_k.jpg

単に私の想像ですが、早取りしたのは、猿にやられてしまう為かなぁ〜exclamation&question



PS:

現地で聞いた話を総合すると、治助芋の収穫量は、種芋の2〜3倍にしかならない。
(一般的なじゃがいもは10倍から15倍)

味は旨いとの事ですが、この生産効率の悪さに絶句もうやだ〜(悲しい顔)

でも、原種に極めて近いこのような物が残っている事は、本当に素晴らしい事で、

今日、日本の良さを改めて再認識

PS:

そうそう。天空の郷に行く道路脇の民家の入り口に

峰谷ワサビ田2014.7.14_k.jpg

山葵田が有りました。

偶然とは思うが、このようなじゃがいもを作っている所は
(Oさん宅も、岐阜越波もそうだった)

自宅入り口に山葵田を持っている所が多い。


PS:今日は充実した本当に楽しい一日でした。




posted by 天味求道士 at 11:38 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: